弊社では、天然石表面を工場での撥水防汚処理後、出荷!! 【人造大理石並みの撥水効果】

 

大理石の中で一番白い 漢白玉と言う大理石です。大理石を充分に乾燥後、大理石用の撥水防汚剤を塗布して充分浸透させた後上水を拭き取り、乾拭きで表面乾燥させた後に水滴を垂らし、4時間放置した状態の画像です。水面張力で水玉になっているので撥水しているのを確認頂けると思います。【人造大理石並みの撥水力です。】  撥水防汚剤は、日々進化してます!!ご家庭でも簡単!!刷毛で塗布して乾燥後拭き取るだけ!!

 

 

 

 

※ 大理石やライムストーン類は、天然石の中でも比較的吸水率が高いので、撥水防汚処理

  が、施されていない状態で使用すると下記の汚染実験の様にせっかくの高級感を汚れで

  残念な思いをされた経験をお持ちの方は、多いと思います。

   

水や汚れが、天然石に染みこむ原因は、左の図の様な細孔と言われる肉眼では見えないミクロの孔が、自然石には存在します。そこに水や液体が染みこむ為に染み汚れが、発生します。逆を言えばこの細孔を塞いでしまえば、液体はブロック出来るのです。撥水防汚剤は、細孔に浸透して硬化する液剤で、天然石の風合いを損なわずにその効果を発揮します。近年、様々なメーカーが、生産しており日々進化を遂げてます。                 弊社の生産工場では、水回りの天板等水に濡れやすい箇所に使用する石材に関しては、出荷前に撥水防汚処理を施して出荷しておりますので、安心してお使い頂けます。

素材は、ライムストーンと言う吸水率の非常に高い天然石(ピラミッドなどの古代の建造物に使われていた石です。)

画像左は、左半分を撥水剤塗布無し、右半分には、撥水剤を塗布して有ります。

画像右は、1時間放置後に拭き取りを行いました。撥水防汚処理の有無で目に見えて効果の違いが分かります。

素材は、花崗岩です。日本では、様々な場所で目にする白御影と言う御影石です。この御影石は、自然石の中でも耐水性に優れた素材です。

上記と同様の試験を行いました。やはり拭き取り後の右半分は、汚れが綺麗に取れているのが、分かります。

 

 

 

昔は、自然石のままで使用されていたのでその状態で使用した人から大理石は、綺麗だけどお手入れが、大変との噂が市場に広く浸透してますが、撥水防汚剤が開発されてから弊社の様に工場出荷時にきちっと撥水防汚処理を施して、出荷した天然石材は、お客様に綺麗な状態をたもって天然石の美しさを楽しんで頂いてます。

 

納品後のお手入れも簡単!!液剤の殆どが、水溶性なのでホームセンターなどで刷毛を購入し大理石表面に軽く塗布するだけです。

15~30分自然乾燥した上で後は、上澄みを拭き取ってその後、乾拭きするだけです。

インターネットホームページで、大理石撥水防汚剤と検索すれば、様々なメーカーの撥水防汚剤は、購入できます。(500mml、4,000円前後でネット販売しています。:洗面台の天板だと10回分くらいの分量で高いものでは有りません。)  誰にでも出来ます。

 

***下記の画像は、出荷前に撥水防汚処理を施した製品の画像です。***

  石種名は、上から*ペルリーノキャロ、エンペラドールダーク、キングブラック、

  ボテチーノクラシコ、エメラルドパール、漢白玉です。撥水防汚剤は、大理石用、

  花崗岩用の2種類が、有ります。